電解水生成器で工場の品質向上


食品工場での洗浄、清掃


食品工場では洗浄は非常に大切な作業の一つです。一般に、稼働時間の1/3は洗浄に使用している、といわれる業界もあるほどです。

いくら美味しい商品を開発して、製造し、世の中に送りだしたとしても、それらが安全でなければ消費者を喜ばすどころか、その家族も含めて悲しませてしまうことになります。そうならないためにも、しっかりとした清掃マニュアルを確立し、これを継続していくことが消費者の信頼を勝ち取ることにつながるのです。


効率よく、確実に清掃を行う方法


しかし、多くの時間を清掃に使用していたのでは生産性は上がりません。いかに効率よく、それでいて確実に清掃を行うか、ということは食品会社が生き残っていくために非常に大事な事なのです。

そんな効率よく清掃を進めていくための機材として、高圧洗浄器、泡洗浄器、CIPなどが取り入れられていますが、そういった装置では対応しにくいものもあります。汚れを飛び散らせずに、薬品が残留することもないものであれば、なお良いのです。


電解水生成器


それらをクリアしているのが電解水生成器といわれるものです。これらには数種類のタイプの物が発売されていますが、実績のある塩素系の電解水生成器は根強い人気です。

次亜塩素酸ナトリウムの水溶液が殺菌力があることはよく知られていますが、これをpH調整していることで、数十倍といわれる飛躍的な殺菌力を持たせているのです。それでいて、手指には優しいため、従業員にとってもありがたいものです。この力を借りれば、清掃時間の短縮と高い効果の両面を実現可能です。


電解水のご相談はコチラ!

ファーストオーシャン株式会社は、世界で初めて、飲用水質基準に適合した強力な殺菌力を保持する電解水を開発しました。電解水は様々な用途に活用可能です!