交通事故の対処と慰謝料、弁護士への相談

交通事故の示談交渉について

交通事故の対処と慰謝料、弁護士への相談

自分がもし、交通事故を起こしてしまった場合、まずは警察に連絡します。
対人事故でなくても必ず警察に届ける必要があります。
そして、交通事故証明書を発行してもらう必要があります。
届けない場合は、罰則の対象となったり、保険会社も動けません。
そのため、必ず届けましょう。

以上のことが終わり、ひと段落ついたところで、賠償に関して考えていく必要があります。
まず、必ず加入しなければならない自賠責保険に関してです。
自賠責保険は人身損害に関しての保障です。
つまり、車とぶつかった場合、相手自身の体に対して治療費が支払われるものの、車に関して支払われることはありません。
そのため、自賠責保険にのみ加入していて、任意保険に加入していない場合、損害賠償は多大なものとなります。
交通事故の場合、慰謝料などを含め示談交渉なども自ら弁護士を雇い行う必要があるため、任意保険への加入は大きな意味があります。

また、自賠責保険に加入していて、任意保険にも加入している場合は、その保険のプランにもよりますが、厚い保障が受けられます。
事故後にもスムーズに対応できますし、相手自身の体に対しての治療費や慰謝料、相手の車などの物損補償だけでなく、自分自身の体に対する治療費、自分の車などの物損補償もプランによっては行われます。

また、示談交渉なども保険会社が代理で行い、仮に裁判になった場合も、保険会社専属の弁護士などで対応し、その負担額も補償されます。
事故後、気持ちが動転し、どうしていいかわからなくなってしまいます。
そのような中で、きちんと対応ができる、信頼できるパートナーを持つことは大変重要なことだと思います。

交通事故示談の弁護士

交通事故で高額な慰謝料で示談をするなら、圧倒的な実績を誇る弁護士事務所にご相談を!